[ビギニャーの突撃!隣の晩ご飯]肴に直接触れているのはフックだニャン!エリア・フック 基礎講座編[VANFOOKさん]

釣り初級者のビギニャーが、晩ご飯のおかずの魚を釣るために突撃するこのシリーズ。
今回は、フックの基礎を学びにフィッシングショー(Japan Fishing Festival 2014 ~国際フィッシングショー~)に現れた。
先駆的フックメーカーのVANFOOKさんのブースにお邪魔して、日頃「??」だったことを聞いてきたぞ。

VANFOOKさんのブースに突撃だにゃ

VANFOOKさんのブース

フックは重要。これ当たり前!?

フックは、魚に直接触れている唯一のコンタクトアイテムで、とても大事だニャ。

ロッドにこだわり、リールにこだわり、ルアーにこだわり…でも、ラインやフックへのこだわりって、何かムズカシイ…?

日ごろ「??」だったことをVANFOOKさんに直接ぶつけてみたニャ!

フック交換について
フックは、マメに交換した方が良いらしいですが、どのタイミングで換えたらいいかニャ?

針先が甘くなると、確実にフッキングは悪くなります。
換えるタイミングは、針先を親指の爪に直角に立ててみて、引っ掛からずに滑るようでしたら、交換してください。

針先を親指の爪に直角にあててみて、引っ掛からず滑るようだったら交換時期

針先を親指の爪に直角にあててみて、引っ掛からず滑るようだったら交換時期

針先は大丈夫そうだけどフックが曲がったから、戻して使うのはどうかニャ?

ハリは、曲がったものを戻すと、確実に強度が落ちるので、交換してください。

ヤスリで研ぐと良いと、聞いたことがあるニャ?

表面のコーティングが剥げたりもしますので、研がないとダメな状況になったら、交換してください。

フックに賞味期限みたいなものはあるかニャ?
何年か前に買った未開封のフックがバックの底から出てきたニャ。使えるかニャ。

湿度のかなり高い所に置いてあったのでなければ、問題ありません。
数年で品質が落ちることはまずないです。

フックチューンについて
買った時に標準でついてくるフックと、サイズや太さを変化させるのはどうなの?

魚と接しているフックには全部の力がかかりますので、ルアーとのバランスはもちろんですが、タックル全体のバランスが大切です。
販売時にルアーに標準でついているフックは、ルアーとのバランスを考えてつけられています。ルアーのテスト段階で、フックメーカーが協力してバランスを調整することもあります。

ルアーだけでなく、ロッドの堅さ、ラインの太さ、リールのドラグ調整などなど、バランスは結構奥が深いんですよ。
そのことを認識して頂いた上で、標準フックを基準にして、状況に応じていろいろ試してみてください。

フックサイズを大きくしたり、小さくしたりするのは、どんな時かニャ?

繰り返しになりますが、バランスが重要ということは前提ですよ。
その上で、フックサイズを変える場合、基本的な考え方としては、

  • ・(活性が高く)かかりが悪い→フックを大きくしてみる
  • ・ショートバイトでのらない→フックを小さくしてみる

と言えます。

フックの太さを、太くしたり細くしたりするのは、どんな時かニャ?

これも魚や釣り方に合わせたタックルバランスですね。
大物狙いなどで全体的にパワー(ロッド堅め、ドラグ強め)が求められるタックルバランスだと、衝撃に耐えられるように太軸に。
一方、柔らかめのロッドでドラグも緩くして、刺さり重視でいくなら、細軸に。

他にも、ゲイプの広さや、曲り具合など、ルアーや釣り方の用途に応じたフックがあります。フィールド、状況、狙う魚、釣り方によって、いろいろな組み合わせがあります。
自分なりに工夫して、その日の状況に合わせていくのがゲームフィッシュの醍醐味ですので、楽しんでください。

トレブルフック禁止の管理釣り場多いですが、シングルフックに変更する時に注意点ありますか?

これもバランスですが、トレブルフックはシングルフックよりも重いですので、

  • ・リングを2つける(クランクの場合)
  • ・太軸のリングを使う
  • ・太軸のフックを使う

などして、ウェイト調整をすると良いでしょう。

フックの色について
赤色のフックがありますが、釣れるかニャ?

いわゆる活性色ですね。一般論ですが、魚の活性が高いときには、有効です。
逆に、食いがそもそも渋い時には、使わない方が良いようです。

フックの色は銀色?黒色?

エリアフィッシング用のフックの場合、基本的には黒です。シルバーは、見かけません。
管理釣り場は、狭いところに沢山の人がルアーを投げますので、シルバーだと魚がスレると考えられています。

その他
刺さりの良さを確認する、簡単な方法あるかニャ?

スプーンなどをしまっておくワレットに、スポンジがついていますよね。そのスポンジに刺してみてください。
刺さりの良いフックは、力を入れなくてもサクッと針先がスポンジに入ります。

フックメーカーさんによって違いはありますか?

細かい製造法の違いは多々あるかと思いますが、実は、フックは同じように見えて設計思想が全然違ったりします。
例えば、元々が積極的に掛けに行く発想がベースにあるメーカーさんもありますし、乗りを重視したメーカーさんもあります。

VANFOOKでは、それぞれのルアーにピッタリ合うフック形状を、常に意識して取り組んでいるんですよ。

VANFOOK 商品記号の見方

今回は、釣り具屋での入手のしやすさ、フックの精度に定評がある、などの観点からVANFOOKの製品を取りあげてみました。
フックメーカーによって、細かい仕様は異なりますが、サイズや軸の太さなどの一般的な考え方は共通しています。
ただ、メーカーによって表記が異なるので、注意を。

先頭のアルファベット2文字「用途」

SP:スプーン用、CK:クランク用、ME:ミノー用

中央の数字2文字「太さ」

[細軸]11<21<31<33<41[太軸]
31がスタンダードな太さ。

SP-31zero #8

末尾のアルファベット「仕様など」

zero:摩擦ゼロ・フッ素コート仕様
BL:バーブレスフック

#数字「サイズ」

数字が大きい方→フックサイズ小さい
数字が小さい方→フックサイズ大きい

VANFOOK ヴァンフック株式会社

プロショップ スキマル

住所 〒677-0021 兵庫県西脇市蒲江215番地
TEL 0795-22-3710
URL http://www.vanfook.co.jp/
FB http://www.facebook.com/vanfook.Japan

播州は、伝統のある世界一の釣針製造の拠点であり、その品質は世界をリードしてきました。
播州の釣針産業の一翼を担い、播州針=ヴァンフックを社名に冠しています。

VANFOOKは、エリアフィシングにおけるミノー専用、クランク専用フックを、時代に先駆けて開発した、先駆的フックメーカーです。
最近では、ソルトルアーのフックにも力を入れており、独自の視点からフック開発に取り組んでいます。

関連記事
[ビギニャーの大枚はたいて買ってみた!]エリア用人気ルアーの巻
  • あなたのルアーライフが3倍楽しくなるwebuマガジン[LureLife MAGAZINE]
  • 夏バス限定
  • オヌマンのシーバス攻略 [シーズナルパターンをこう考えろ!]
  • OSP最強コンビが贈るブラックバス入門 並木敏成×川村光大郎 [シーズナルパターン事始め]

toTop↑