[ビギニャーの突大枚はたいて買ってみた!]エリア用人気ルアーの巻

お小遣い月3万円のビギニャーが、大枚はたいて買ってくるシリーズ。
今回は、エリア用の人気ルアーを買って標準フックを調べてみた。

標準のフックを調べてみた!

通常、メーカーサイドは魚のサイズ、ロッドの強さ、釣りのシチュエーション、ルアーアクションへの影響等を考慮し、標準となるフックをつけて販売しているのだ。ということで、まずは、標準フックをみてみるのだニャ。

※ルアーのサイズは、縦長方向の長さを、リップを含まずに、ビギニャーが計ったものです。メーカーのスペック値とは異なる場合があります。リ計測は、シンワのモノサシ(JIS1級)を利用しています。

Penta

PentaⅠ,PentaⅡ

底の釣りで、一世を風靡したPentaシリーズ、ⅠとⅡを比べてみたニャン。

Penta 12mm 標準フック#8
PentaⅡ 22mm 標準フック#6
アンフェア

スローリトリーブ専用クランク、プリプリ泳ぐ姿は、思わず食べたくなるニャ。

アンフェア35 35mm 標準フック
前:#8
標準フック
後:#8
アンフェア45 45mm 標準フック
前:#8
標準フック
後:#6?

※アンフェア45(45mm)、メーカーホームページでは、両方#8となってる。誤記?

アンフェア35,アンフェア45

バベル

バベルZERO,バベルZ ZERO

数釣りの最終兵器(?)。岸から近いところまで、魚影が濃いフィールドだと、フォールでやたら釣れるニャ。
0.5gの違い。。。。

バベルZERO 0.4g 12mm 標準フック #12
バベルZ ZERO 0.45g 14.5mm 標準フック#10
ビギニャーの困ったポイント
  • ・標準サイズのフックがパッケージに表記されていないルアーが多々ある。
    わからんニャー!
  • ・ルアーメーカーさんのホームページに書かれた、標準フックサイズが間違っている。
    わからんニャー!

かんたん!フックチェンジの仕方

SMITHのスプリットリング・ピンセット。先端の片側に突起がついている。

爪やプライヤーで上手に交換する人もいるみたいですが、便利グッズがあるよと教えてもらったニャ。
何種類かおいてあったけど、とりあえず1番安かったSMITHのスプリットリング・ピンセットを540円で購入。
先端の片側に突起がついているのニャ。

  1. ルアーをつかんで、スプリットリングの開口部を上に向ける。

    ルアーをつかんで、スプリットリングの開口部を上に向ける。

  2. ピンセットの出っぱりを、リングの隙間にいれる。

    ピンセットの出っぱりを、リングの隙間にいれる。

  3. リングに隙間ができたら、そこにフックのアイ(輪になってる箇所)を挟み込んで、リングにそってずらしていく。

    リングに隙間ができたら、そこにフックのアイ(輪になってる箇所)を挟み込んで、リングにそってずらしていく。

  4. 簡単に外れます。新しいフックをつけるのも同じ要領です。

    簡単に外れます。後は、新しいフックをつけるのも同じ要領です。ピンセットでリングに隙間をつくり、そこに新しいフックを挟んで、ズラシていけばOKです。
    ピンセットを使えば、不器用なビギニャーでも簡単です。マメに交換してくださいね。

関連記事
[ビギニャーの突撃!隣の晩ご飯]エリアフック基礎編
  • あなたのルアーライフが3倍楽しくなるwebuマガジン[LureLife MAGAZINE]
  • 夏バス限定
  • オヌマンのシーバス攻略 [シーズナルパターンをこう考えろ!]
  • OSP最強コンビが贈るブラックバス入門 並木敏成×川村光大郎 [シーズナルパターン事始め]

toTop↑